信号の転送

深淵で広大な宇宙空間に、

透明なガラスで出来た、
逆三角錐の口の大きな鉢の中に、
土に似た、何かの鉱物の微粒子が入っている。
私から見て、右に一つ、左に二つ、
何か、植物の新芽の様なものが発芽した。
その植物から発する呼吸を、
真上にある左回転の渦がすべて吸収する。
真っ白な画用紙のようなものに、
まるでオセロゲームの様に次々と白黒が組合され、
一つの信号が打ち出される。
レコード盤に音が刻まれる様に変換し、
新たな音となった時、
それが言葉に変わるコミニュケーションとし、
私たちに手渡される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です