入力と出力

このBlogは、2015年5月に投稿されたものです。

リクエストがあり再度投稿いたします。

 

先日ある番組に日本画家、華岳の作品が取り上げられており、とても興味を惹かれました。
彼は1888年に生まれ、52年間の短い人生の中、自身の中に在る、とてつもない暗闇を知り、
何ものからも逃れることの出来ない葛藤や苦悩を、最後まで持ち続けました。
彼が生涯をとおして生み出した作品の根底には、様々に形を変えながらも、
深憂で沈鬱な感覚が常につきまといました。

「我々は沈黙の時、恐ろしいものを見つけ出す。
自分はそれに触れまいとし、逃れよう誤魔化そうとしている。
闇の中に嵐が吹く。
真っ黒な深夜に、恐ろしい嵐が轟々と吹いているのだ。
その中を真裸で何ものも身につけず駆けまわる。
それは目的もなくむやみにかけり廻る。
なんという恐怖の世界だ。
そこに円と思ったのは四角だった。
真っ直ぐと信じているものは実はことごとく曲がっているのだ。
自分が正しいと信じたものが、悉く不正であった。
美しいと思ったものは醜の塊であった。(大正八年四月二十二日)」

人間の暗い深淵を端的に表明し、絶対的ものを信じることの出来ない懐疑的で自己の内面に巣食う、
底知れぬ暗い領域を、深刻かつ真摯に見据えていたのではないかと考えられています。

「宇宙の意思と一つになること。
私が仏画を描いているのは、そこへ到達する修行に過ぎません。
製作は密室の祈りです。」

[享年52歳 11月11日逝去]
(中谷伸生『華岳』参照)


彼の根底に在る、沈鬱で深憂な途方もない恐怖からも新たな光を見出せ、解放されるような空
間。
華岳のことを思いながら、言葉でもなく、芸術でも、自然でもない
…ただこの空間に佇むだけで、晴れ渡るような密室の祈りになれないのか、
そんな妄想に耽りながら、新しいサロンの紹介に移りたいと思います。

5月末日、ついに銀座サロンの器が完成をしました。
プロデュースは、世界的に有名な橋本夕紀夫先生。
ナノプラチナの世界観を、見事なまでに表現してくださった感動的な空間を見ていたら、
ふとある人が言った言葉が頭をよぎりました。

「イスラム教のモスクは完璧な装置である。
ただ残念に思うのは、そのモスクはイスラム教というひとつの表現になったことである…」
と。

私がイスタンブールを訪れる度ごと必ず足を運ぶモスク。
セリミアジャーミーやブルーモスク、また小さなモスクはトルコの至るところに存在する。
そこには幾何学模様と精密に計算し尽くされた大小のドームを組み合わせ、

独特の空間を生み出しています。
ただ座っているだけで、満ちて沸き起こる心のざわめきは、
人間存在の深いところにある、
ある記憶の化学変化なのだと感じました。
ナノプラチナの器は、完璧な装置とはなれないかもしれないけれど、
少しずつこの器が人と共鳴しながら新たな孵化をし、
形を変えながら進化していくことを願い、
心より始まりを祝いたいと思います。

鉄人28号

このBlogは、2013年1月に投稿されたものです。

リクエストがあり再度投稿いたします。

 

越境という物語の実現

2013年、新年の始まりの朝一番で鉄人28号がやって来た。

人類はもちろん・・・現在もなお
長きに渡るアトムの時代を生きている。
正義と努力と勇気と知性と・・・

あふれかえり、むせかえる想いの中
頑張り続けて来た人類の、未来の今を
悲しきアトムは
どう?世界を眺めているのだろうか・・・

人間の意識の意志が
意図する指令の一つ前に
〔無意識〕のスイッチが入り、
脳内の活動が既に始まっている。
まるで受動意識のように
当たり前に私たちが全ての物事を決めていると思っている事実が足元から揺らぐ。

正義と努力と勇気と知性で人類の根本は変わらないとしたならば、
そろそろ私たちは、鉄人28号で生きる準備をする時期でないかと感じている。

鉄人28号を作動させるべく正太郎の正体が
近い未来に科学で解明される時代になることを心から願いながら・・・
2013年始まりとし、揺るぎなき精神の柱を建てて進む一年と誓いたいと思います。

今年一年の始まりの言葉に代えて・・・。

皮膚の感覚

皮膚の感覚

『萩原朔太郎の短編小説「猫町」に次のような一説があります。

それらの話や会話は、耳の聴覚で聞くよりは、何かの或る柔らかい触覚で、手触りに意味を探るというような趣きだった。とりわけ女の人の声には、どこか皮膚の表面を撫でるような、甘美でうっとりした魅力があった。

鋭敏な感覚を持つ詩人は常人とは異なる聴覚を持っていたのでしょうか。しかし最近の研究は、誰にでも皮膚に音を感じる機能があることを示唆しています。

一般的な認識では、人間の聴覚は、耳によるものだということになっています。

しかし、耳以外の場所で音が認識されている可能性を最初に指摘したのは、農学博士で民族音楽研究者の大橋力博士と、そのグループです。

博士はインドネシアで演奏されるガムランという民族音楽の奏者が、ライヴ演奏中にトランス状態になることがあることから、耳には聞こえない音波の存在に気付きました。

ガムランライヴ演奏中の音源に身を置くと、脳波や血中のホルモン量にも変化が認められる事を確認しました。

耳には聞こえない高周波音は確実に人間の生理状態に影響を及ぼしています。

また博士らは、被験者の首から下を音を通さない物質で覆い、再びガムランのライヴ音の効果を調べました。

すると驚くべきことに生理状態に及ぼす影響が消えてしまったのです。

これらの結果から大橋博士らは、高周波が耳でなく、体表で受容されているという仮説を立てるに至りました。

大橋博士らの仮説を知った私たちは、それならば高周波は表皮機能にも作用するのではないかと、皮膚バリア回復速度への音の影響を調べました。

すると、可聴音である5000ヘルツの音はバリア回復に影響を及ぼしませんでしたが、1万~3万ヘルツの音の照射は、バリア回復速度を促進したのです。

この結果から、高周波音がまず表皮において何らかの生理的変化を起こし、さらにホルモンレベルや脳波に作用している可能性が考えられます。』

〔新潮選書 傳田光洋著「皮膚感覚と人間のこころ」より抜粋〕

以前より申しておりましたように、私たちのプラチナコロイドSAIは、飲む音楽SAIとして、間もなくパッケージやパンフレット、様々が生まれ変わります。

仮説に基づき、大学との共同研究を進めており、現在は論文発表に向け最後の仕上げの段階に入って参りました。

今回の傳田光洋先生の本の内容や論文など、私たちにとっても未来に向けての大きな希望の光となります。

バリア回復音のヘルツも、SAIにとって大変興味深いものです。

今はまだ論文発表前なので、多くの事を申し上げられないのは残念です・・・

また、今年は新たな化粧品会社の設立も決定しており、まさに音を直接まとうという~世界に向けて、今までにない、全く新たなる発想の化粧品が生まれる事になりそうです。

 

マザーテレサ

マザーテレサの生涯は、宗教の壁を超えた、
無償の純粋な利他愛の歩みそのものであり、
物質文明に人間の尊厳と理想像を示す、
キリスト教の愛の実践者であったと言われています。
そして活動は世界123カ国にまで拡がり、世界中に大きな影響を与え、
87歳でこの世を去りました。

36歳の時、”全てを捨て最も貧しい人の間で働け”の啓示を受け、
その後40歳でインドの貧民街で”神の愛の宣教会”を立てました。
しかし47年に亘る長き時間、
周りからは想像すら出来ない苦悩が彼女を追い込んでいたようです。
それはマザー死後、懺悔聴聞司祭たちに送った内面の赤裸々な書簡が公開され、
世間に知られることとなりました。

キリスト教の教えを純粋に結晶化させた崇高な精神を語り、
世界中に感動と敬愛を寄せれば寄せるほど、マザーのこころは孤独に苛まれます。
神の存在を渇望する強烈な思いと、
神の存在に疑念を抱き、
神の不在感と言う得体の知れない心の闇に苦しみ続けます。

 

“私をすっぽりと取り囲んでいる闇の中で、
私は自分の魂をあなたに向けて高めることが出来ません。
光もインスピレーションも、私の魂に入って来ません。
私は人々の魂に向けて、神の慈愛を語っていますのに…
私の心には信仰がありません。
愛も信頼もありません。
あまりにもひどい苦痛があるだけです。”

 

私が十代だった遥か昔、
何かの本で知ったマザーの姿は、
強烈に鮮烈に私の心象風景に深く刻まれました。

とても長い時間が経ち、少しは成長をした今ここで、
マザーの心の闇を知ったとき、
当時感動した表面的でない、
深い意味での感動が私の心を捉えました。

彼女の長き40年以上に亘る心の闇を、キリスト教的解釈や他宗教、
心理学者や無神論者、唯物論者などの見方や見解は様々です。

どうしても神(ナニモノカ)に召喚され、
身を捧げ使って戴きたかったマザーが、
自身を神秘体験に導き、
人生をかけた物語の始まりを生み、
そしてその後、二度とそのような体験を敢えて生まず、
そしてその状況のもと、葛藤や極限の苦しみの中で、
亡くなるその日まで実践を続けたことこそが、
マザーテレサと言う人の軌跡の道の奇跡だと感じました。
同時に、究極にナニモノカを求め切った真実の人であったと、
全身が深い感動で包まれました。
言葉で上手く表現出来ないのですが、
人類が大きな転換を求められているとしたら、
どれだけの歳月、大聖者が光を照らしたとしても、
苦しくとも自らの内のシステムスイッチに於ける実践の連なりでなければ
次へのバトンになり得ないと。

例えて言うなら上でも下でもなく、あるいは右でも左でもない、
新たな別の、横のような入り口のスイッチがオンになるのではないかと思います。

多分、既に未来に向けて、
システム変更の新たなる構築と、
プログラムの稼動が始まっているのだと感じています。
(Come Be My Light翻訳参考)

ご要望があり、再投稿いたしました。

ご報告



飛行機の窓から撮った写真です  (実際の色合いは出ていませんが)

先日イスタンブールの出張を終え、無事に東京に戻りました。
着陸の少し前、機内のアナウンスでシートを起こしふと窓を開けたら、
深い藍色の見事なコントラストの低い空から、
昇る日の出を受けオレンジに滲み出した雲の境界から、
何と見事な満月が昇りました。
刻々と空一面は変化して行き、間もなく太陽は昇り、
月は霞み、その景色はまるでなかったかの様に、
別の景色へと移行しましたが、
一年365日、24時間全てのものの移ろいて変わり行く事を深く感じたひと時でした。

「冷ゆることの至りて、甚だしきとき、なれば也」と「暦便覧」にもあるように、
この時期は一年で最も厳しい寒さを迎えています。
イスタンブールも驚くほどの寒さと雪の日々でした。
そんな中、ある日は停電が夕方から夜中まで続き、お客様が帰った夜、
事務所の奥にある小さな部屋の寝床で凍りつく時間を初めて過ごしました。
数年前の東北震災の折、出張で行っていた青森から弘前の工場に移動し、
工場の二階で凍える寒さの中、
近隣のお客さまたちが石油ストーブやおにぎりを持ってきてくれたことを、
懐かしく思い出していました。
あの時、その日を境に東北、いえ日本全土は一変し、
悲しみと絶望に包まれました。
しかし残念ながらこの哀しみや憤りも、時間の移り変わりと共に、
多くの人の心を別の形に変化させたように思います。
そして今もなお、世界中で自然災害とは違う形で争いや怒り、やり切れぬ義憤が沸き起こり、
どんどんと目に見えないモンスターが巨大化し、
少しずつループが拡がって行ってるように感じています。
根底の繋がった同種の人間存在の一部分とし、出来る「正しいと思われること」をしたところで、
この根底のループが変わる事はないのかも知れません。
もちろんしないよりは少しはマシではあるものの、
本質の解決にはほど遠いと感じています。
それほど深く、始動のかけ違いは、
もはや奇跡が起こらない限り人類は変わらないのかもしれません。

ある人が言った言葉が心に深く心に刻まれています。
「地球上の人間以外の全てのものは形質に本質が入ってるけれど、唯一人間には本質が入ってないと。
全ての思考や思想やハイテクノロジーでさえ形質の一部の脳が創り出した世界である」

本当にその通りかも知れません。
自身を含む世界の現れを目の当たりにし、哀しみに耽り絶望しても変わらないものは仕方がない。
人は与えられた時間を紡いで生きていかなければならないのです。
たまたま私の場合、自身を取り巻く環境にsaiとvuvuがあります。
出来る事は限られており、一足飛びに宇宙に向かうことが出来ないけれど、
これらを通し世界中に、saiの正二十面体の器の中の大切な共振を、
丁寧に大切に、世界の彼方にまで拡げるべく、
淡々と進んで行こうと思っています。

ご報告として、新たに立春を迎えた良き日に、崙堂株式会社の代表取締役を受けることとなり、
残念ながらSO株式会社は休眠する事に至りました。
また、新たに崙堂株式会社、プラチナブブ株式会社でどうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆さま長い間ありがとうございました。

SO 株式会社 代表 谷村リツコ

 

信号の転送

深淵で広大な宇宙空間に、

透明なガラスで出来た、
逆三角錐の口の大きな鉢の中に、
土に似た、何かの鉱物の微粒子が入っている。
私から見て、右に一つ、左に二つ、
何か、植物の新芽の様なものが発芽した。
その植物から発する呼吸を、
真上にある左回転の渦がすべて吸収する。
真っ白な画用紙のようなものに、
まるでオセロゲームの様に次々と白黒が組合され、
一つの信号が打ち出される。
レコード盤に音が刻まれる様に変換し、
新たな音となった時、
それが言葉に変わるコミニュケーションとし、
私たちに手渡される。

シルシトシテオイタモノニ、
スベテノコトガヒョウゲンサレテイル。

何ものかから、もの凄い熱気が膨張して拡がり、
この地球のもう一つの、
別の地球が生まれる。
すると、進化なのか分からないけれど、
広く大きな空間の中に、
七層で構成された物体が現れた。
この層を組成させているエネルギーは、
上が薄くて下が濃く、
重力もまた上が軽くて下が重い。
それぞれの境界は見事な調和とバランスが取れており、
一つの秩序を保っている。
これをフィルムの様なものに転写し、
私たち人間の身体のある部分に、
まるで湿布薬みたいに貼って行く。
saiを一度でも飲んだことのある人間に転写が為されたとき、
まるで身体に記録がある様に、
もの凄い速さで変化が起こる。

静かな時間が過ぎ、
その広大な空間に、
金属で出来た葡萄棚のようなシステムが現れ、
それは太陽のエネルギーに変わる何かを受け、
そこから、次々と新たなものが生まれて行く。
きっと、近い未来に。

なにものか

大きな環状の連なった金属が天高くからぶら下がっている。
そのチェーンの空間を、右側から左側に矢のようなものが突き抜けた。
左側にはゼリーで出来た軟体生物の様な生命体が存在し、
揃った数の矢が全てそこに射抜かれた瞬間、
その矢が全て吸収された。
吸収を終えた生命体がぐねぐねと形を変えながら、
鼓動を打ちながら、
まるで人体のような一つのカタチを創る。
しかしそれには耳しかなく、
残りのすべての必要な器官は粘液となって、
カタチを為す表面で機能するシステムになっているようだ。
そして粘液から少しずつ少しずつ液体が外に漏れ出す。

そのものが存在してるところは深淵なる暗闇の何もないところ。

漏れ出した液体が乾燥し、風に吹かれ舞いながら、
まるでウィルスのように360度全方向に飛び散り人体に付着する。
どれだけ離れていても、直接ウイルスが付着しなければ感染は起こらない。
人体のどこか一点に付着すると、そこからゆっくりと感染が広がっていく。
じわじわ、じわじわと…
最初に変化を起こすのは脳ではなく、
どうやら脚部からの様だ。
だから人類の産み出した世界が変化するのは、
もしかしたら遠い未来になるのかも知れない。
実際に、それがどの様に伝達するかは、私たちには分からない。
ただ新たなる生命体の計らいに身を委ね、
時を待つしかないのかも知れない。

責任がそれを背負う者をえらぶ

誰も座った事のない、玉座がある。
何と煌びやかで荘厳な飾り付けなのだろう。
椅子の後ろには、巨大なカボションタイプの
見事なグリーンの石が埋め込まれている。
その上部には突起が出ていて、
まるで突起を大切に護ように、
十字に交差した剣のような装飾がなされていた。
それを見つめていると、
心臓の鼓動が高鳴り、
何とも言えない感覚が全身を包み、
胸が締め付けられた様に痛んだ。
太陽は地球の土と契約をしていて、
(人間の皮膚も土に属し、太陽との契約となる)
人間の内部は月との契約を結んでいると。
だから見えるものをそのまま見てはいけない。
逆立ちをして見る椅子や景色が真逆になる様に、
逆転し椅子を見たときのそれが本当の答えとなる。